<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
|Admin|RSS1.0|Atom0.3

categories
selected entries
archives
recent comment
clock
<< K-1 WORLD MAX 2009 FINAL8 感想 | main | DREAM.10 直前 まとめのプレイバック >>
ロボット祭り
JUGEMテーマ:漫画/アニメ
majingar z

 絶妙した、『絶妙バーガー」の返品騒ぎに絶妙した! ……食ってないけど。

 よいよ一般公開になりましたね、1/1 R-GUMDAM、通称“お台場ガンダム”。僕も、最後まで見届けることが出来ましたよ(笑)。プロジェクト関係者の皆様、お疲れ様でした。本当に未来に遺すべき、価値ある立派な仕事でした。
 現在オフィシャルサイトでは、ライティングなどシューティングテストや、最終リハーサル風景の動画を配信しています。
 「GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト 〜『1/1 実物大ガンダム大地に立つ』〜」
http://recommend.yahoo.co.jp/silverlight/gundam/index.html

 と言いますか、もう感動的なんですよね。ずっと見ていても飽きない。魂が奮えるといいますか、身内から色んな感情が湧いてきます。
 きっと彼らも意図しなかったことでしょうが、これは特別な感情です。僕あるいは、僕らの世代にとっては、ということかもしれませんが。

 のプロジェクトは、『希望』なんです。奇しくも、リンク先のメイキング動画 Vol.12『 FINAL Always Begining 』の最後で、スタッフの女性が思わずこぼしたように。
 本来、このプロジェクトは、都市の緑化推進運動であったり、五輪招致のためですが。少なくても、僕にとっては意味が違います。このガンダムプロジェクトは「失われた未来」であり、僕らの「希望」といった方が近いです。

 『機動戦士ガンダム』というアニメが生まれたのは1979年。今から30年前です。僕が見たのは再放送でした。アニメにリアルロボットという概念が生まれ、日本がバブルへと向かう時期です。
 この“お台場ガンダム”の勇姿を見ると、当時の感情が甦ってきます。懐かしさが混じった、複雑な感情です。その感情に洗われながら、同時にこう思います――この国がバブルに進まない道だってあったんじゃないの? と。

 んな言いぐさは失礼で無責任なのでしょうけど…。僕らが思い描いたような、明るい未来は来ませんでした。そのことに納得できていない自分がいます。望むか望まないかでいうなら、望まない変化の方が多かった。何処でどう間違えたんだろう、何がいけなかったんだろうと思いながら、世相の変化を受け入れてきました。でも仕方がない、だけど…。心の片隅では、どうしても納得できない、在りし日の子供だった自分がいます。

 の実物大ガンダムを見ていると、不思議な感情が芽生えます。この国も随分と変わってしまったけど、あのガンダムがあった時代から、またやり直せるんじゃないかと。今度こそ、不況やバブルへと向かわない、それなりの方法が日本にはあるんじゃないかと。
 あの頃、夢見ていたこと。諦めたくなかったこと。辿り着きたかった未来。そのシンボルとして、お台場のガンダムは、自分たちを支えてくれる『希望』になるんじゃないかと。そんな気がしてくるのです。

 ういう表現が、どこまで伝わるか自信がありませんが。あの巨体には、見た目の神々しさとはまた別に、特別な感情を覚えます。あのガンダムが、本当に大地に立ったのです。
 日本はまだやりなおせる。まだ前進していける。――あの頃より、リアルに近付いたガンダムを見て、そう思うのです。

pat

 うひとつ。“お台場ガンダム”は、コンテンツの活用法として、様々な示唆を含んでいます。無形なものを有形に変える、イメージを形にする。デジタルを超えるものは何か? 継承すべきものとは? 他では真似できないものとは何か?
 国立メディア芸術センターは、その線で進めるべきです。「アニメとは何か?」の綱領ではなく、「こういうのもアニメだよね?」の広義の括りで宜しいかと。アニメに限らず、フィクションの醍醐味とは、現実を模倣しながら、人心より世界を変えていくことですから。

実物大!鉄人28号製造中(3)


 戸の鉄人も、若松公園に搬入・組立て・塗装の工程に入ったようですね。同じ18mでも総重量70tだから、ガンダムの倍ですか。空洞なのに重いなあ。

 あと表画は、スペインのマジンガーZ(1/2スケール)です。詳しくは、こちらで。
★お台場の実物大ガンダムについての記事は、世界何ヶ国で伝えられたか。
http://willowick.seesaa.net/article/123190626.html
| アニメ | 00:10 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:10 | - | - |
コメント
通りすがりです。

>日本はまだやりなおせる。まだ前進していける。
>――あの頃より、リアルに近付いたガンダムを見て、そう思うのです。

文章を読んで、感動しました。
自分も、似たようなことを思っていました。

日本を立て直しましょう。
| Libra | 2012/10/11 11:59 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://senkanburian.jugem.jp/trackback/625
トラックバック