<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
|Admin|RSS1.0|Atom0.3

categories
selected entries
archives
recent comment
clock
<< 夜は短し歩けよ乙女 | main | ワム >>
美女と魔獣

JUGEMテーマ:漫画/アニメ映画

beauty-and-the-beast-2017

 

 画「美女と魔獣」を観てきました。字幕から吹替の順で大変満足しましたが。今回は両者を比較しながらの感想です。予備知識がなかったので、個人的には吹替の方が満足度が高かったです。スクリーンが格段に良かったのもありますが。
 素敵なガストンや発明家モーリス父は吹替版が上、心の友ル・フウや燭台男ルミエールは字幕版が圧勝。メインテーマは原語盤ですね。映像や音楽も素晴らしいですが、割り切りがよくて飽きさせない構成が見事でした。

 

beauty-and-the-beast-2017 b


 役に関してはベルを演じるエマ・ワトソンの存在感。貫禄ですねえ。堂々たるヒロインぶりでした。対して、野獣が少し甘いかなと。もっと野性味が欲しかったし、彼が自我を見失って闇落ちする姿が見たかったのはあります。1991年に発表された、原作アニメとの兼ね合いもあるでしょう。カウントダウンが効いてないなと。
 吹替版だと、さらに優男ぶりが前面に出ていまして。声も高くて、何だか「若いなあ」と思いました。利発なベルに対して、哲学者のような深い趣きが欲しかったのですが。ケモ以外は貴族でも普通の男になっていました。ベルもまた没個性で地味かなと思いましたが(エマに比べたら無理もありませんが)。ふたりとも歌唱力は圧倒的ですが。芝居の方向性や声のイメージが少し合わないなと。後段で補足します。
 ともあれ全体的に満足度は高めで、かなり優良な映画だと思います。ディズニーの本気を見たというのが実感です。ふたりが孤独を分かち合った、ダンスシーンは圧巻で胸に迫るものがありました。

 

beauty-and-the-beast-2017 h


 期は正解するカドやID-0といった、注目株のSFアニメがありますが。うかうかしてるうちに、考察が没になって無駄骨に終わるのは、我ながらザマァないなと思いますです。

 

 

雑記

 

・ガンダムTHE ORIGIN后峽稙 ルウム会戦」9/2日公開。全国35館4週間限定
・ベルの村の黒人の家だが、書棚に10冊もない(既読が7、8冊くらい)
・コナン紅がこのまま邦画の年間首位になれば、定番>オリジナルアニメの流れになるか。ドラ南の健闘もあるが(字牌みたいだが)
・格闘技RIZINも良い流れになってきた

・邦画で「美女と野獣」を抜こうと思ったら、任天堂が本気でゼルダを映画化するくらい?

 

beauty-and-the-beast-2017 g

 

・リトルウィッチの魔法科学はアッコのような落第生にとって福音になるもの
・手描きと3Dアニメの関係。アニメータの話でもあるのか
・最終的には「魔法もよし、科学もよし」自分次第になるだろう
・正解するCAD(製図ソフト)。あまり一般的じゃないか
・ID-0は伏線だらけだが。宇宙海賊やクラッシャージョウよりも、潜水や沈没船のサルベージに近いような

 

seikaisuru kado #2d

 

・打ち上げ花火のPVは出し惜しみしない方向で。映像美よりも情感に訴えた方がよい。主人公の感情が動く瞬間
・リッチな映像美術はメアリにお任せ
・ルーとメアリの音楽はマーニーの村松崇継
・ここさけ実写が意外に良い雰囲気
・家族や恋愛が主題じゃなければ、私生活は特典映像でも良さそうな。幕の内弁当にする必然性がもうない(水増し不要)

 

hyouka #8x

 

・ラジオ文化部は紙芝居師の倉嶋らむね(倉田雅世)をゲストに呼んでみれば?
・アリクイさんチームのももがー(※後述)
・渚のハイカラ水素水
・ヴィラン喜多村「若干の噛ませ感(本人談)」
・共感性羞恥が強い人たちは、演劇やミュージカル、あるいは天才肌の芸術家や科学者のような破天荒な主人公は苦手そうだ

 

rise-of-the-planet-of-the-apes

 

・進撃2期は「知恵の樹の実(禁断の果実)」という言葉が何度も頭を過る
・原作未読だが巨人が人間を食らう理由はそれじゃないかと思う(退化と巨体化)
・ガンソード音楽は侍ジャイアンツ+マクロスに聞こえる
・アニメ表現でも構わないが。舞台は真上からの照明だと顔がスダレになる
・宇宙最速や世界発信と聞いたときのトホホ感
・神山監督がいう311は体のよい口実。実際は2010年東のエデン劇場版彊聞澆魯好薀鵐廚如映画の質は下がり続けてる(これ以上は言わないがその兆候はあった)

 

Jing Tian

 

・ジン・ティエン・シネマティック・ユニバース(景甜的共有世界)
・美女も怪獣。JCU不老不死伝説
・ジョージ・マロリー「そこに山があるからさ(マウンティング)」
・4DXやMX4Dだが大型ゲーム筐体はどうなのか。アトラクションでは本流のひとつだろう
・中国企業の売り込みが盛んなようだ。VRシミュレータ「9D VR」で検索(※後述)
・アボカドは料理の使い勝手がよい。皮を指で押して少し凹むくらいが食べ頃。肉にもサラダにも使える

 

La Bella Emma Watson

 

 

AMV Mr. Music

 

 

◆機動戦士ガンダム THE ORIGIN 関係者リレーインタビュー第36回:総監督 安彦良和
http://www.gundam-the-origin.net/special/interview36.html

安彦:あとは、カイ役の古川(登志夫)さんですかね。第4話ではほんのわずかなセリフしかなかったのだけど、声を発した時にスタジオ内からちょっと「さすが古川さんだ」というような空気が伝わってきたのですよ。今回はお芝居がさらに多いので、楽しんでいただければと思いますね。

 彦総監督がオリジンのキャストやスタッフ、製作環境について色々と語ってる。ルウム編の戦闘シーンはカトキ演出。

 

◆アニメ界の異才・湯浅政明、なぜ国際的評価? 『夜は短し歩けよ乙女』“奇抜な画の動き”を考察
http://realsound.jp/movie/2017/04/post-4787.html
 れは良いまとめ。

 

yoru ha mijikashi arukeyo otome 26

 

◆『BLAME!』×「シドニアの騎士」合同発表会【ニコ生】4/26
http://live.nicovideo.jp/watch/lv295709816

 

◆紙芝居を21世紀に残したい 「萌え紙芝居」演じる倉嶋らむねさん
https://youtu.be/jfe5Tq2FZxc

 

ichigo daifuku chan

 

◆アニマックス×『笑ゥせぇるすまんNEW』BAR魔の巣、4/1土オープン!【公式レポート】
http://warau-new.jp/comment/report.html

 

◆新宿に「笑ゥせぇるすまん」出現「BAR魔の巣」もオープン
https://youtu.be/uX73m9LtKTA

 

◆世界的ヒット「キングコング:髑髏島の巨神」、海外興収の約半分は中国から―中国
http://www.recordchina.co.jp/b174701-s0-c70.html
 界興収5億ドル(約555億円 ※4/7時点、以下同)。海外市場は3.58億ドル(約398億円)。うち中国は43%の約1.57億ドル(約175億円)。

 

◆野沢直子の娘である真珠・オークライヤーがRIZINに参戦するとのこと
https://togetter.com/li/1100512

 

beauty-and-the-beast-2017 d

 

◆Beauty and the Beast: Full Behind the Scenes Movie Broll - Emma Watson
https://youtu.be/C72XdiIrvJo

 ルの村はオープンセットだろうなと思ったが。城内の居室も現物なのか。

 

◆Pacific Rim 2 Maelstrom GAIKING TRAILER 2018 ガイキング FAN MADE
https://youtu.be/FTdT10w-sFk

 

◆Amazing 2 seats 9D VR egg cinema!


 

9d egg vr cinema

koe no katachi 42

 


AMV - Ties w/Lorillei

 

 

(>冒頭のつづき)

 映画「美女と野獣」吹替版ですが。駄目だしをすれば、ベル役の昆夏美は「近い芝居」ができません。彼女のは舞台のそれで、すべて半径2mの芝居です。映像はアップが無論ありますから、それだと少々困ったことになります。感情がこもった会話とは違っていて空々しいのです。お客さんに説明するような口調、つまり傍白に聞こえてしまいます。
 リップシンク(唇の同調)の問題もありますが。ベルの問題は三つあって、ひとつは主役の声の存在感。ふたつめはアフレコ技術。みっつめは距離感です。距離感は声優とは逆ですけどね。声優は何でも近いことがよくあります。
 歌唱力に関しては本職の折紙つきですが。欲をいえば、声の演技力が「サウンド・オブ・ミュージック」の日笠くらいあれば文句なしです。あくまで参考ですが。無論それらは「アニメや吹替側からの意見」であって、オリジナルやミュージカルファンはまた違うでしょう。それは野獣も然りです。

 

beauty-and-the-beast-2017 f

 

 ね満足していますが。不満点をいえば『野獣堕ち』の苦悩が見たかったこと。それから呪いが解けたあとの半ズボン…は冗談ですが。額に向こう傷のひとつでもあれば、野獣の本人確認も容易なのですが。美男オチは繋がりが弱いのですね。

 

beauty-and-the-beast-2017 c

 

 語の教訓というか、示唆的だなあと思ったことですが。富や家柄や美への造詣や深い教養があっても、本物の愛を知らなければ、男は不憫な野獣になり下がるしかない。
 また利発で美人で父親思いの村娘であっても、教育の機会や周囲の協力がなければ、肩身が狭い村で変人のように蔑まれて、荒くれ者のガストンの嫁になるくらいしか未来の選択肢が残されてない、といった含みですね。ふたりが急速に親しくなるのも、読書という共通の話題ができてからです。
 ベルが生き方や居場所を定めるのは――亡き母親のルーツも含まれますが――村の外の世界や境遇を「知る/識る」ことが前提にあります。

 

beauty-and-the-beast-2017 e

 

 女と野獣は、村の因習や魔女の呪いといった呪縛に苛まれますが。理知の光によって自由の意味を知り。相手の生命や自由のために、家族や仲間を失う犠牲をはらい、やがて大きな災いが除かれて真実の愛を手にすると。最後に月並みですが、なるほど良くできた寓話だなあと思いました。まる。

 


 ワイトウォッシング問題だが。人種のステロタイプの刷り込みだとか、文化的な搾取構造があるのだとすれば、本邦においては、オタク文化のマジョリティウォッシングの方がより深刻だろう。
 社会的な認知やオタク市民権について拘る人もいるが(縄張り意識なのだろうが、僕は実感がない)。オタク差別の刷り込みや搾取構造があるのは事実だ。自治体や企業はオタク文化のイメージを利用してる。誉れや我がごとのように喜ぶ人もいるが。それらを巡って自粛を求める声や、反発する立場も当然ある。

 

ghost in the shell cinema poster


 分たちの領域や立場が侵されていると感じるのは、あまり気分がよくないことかもしれない。例えば、映画宣伝における(試写会の参加者だろうが)「超感動した〜、サイコー!!」といった絶賛CMを視ると「これは自分じゃない。文化的に搾取された」気分に浸れるのは請け合い。それこそがマジョリティウォッシングだ。

 


WATCH IN [HD] - Mobile Suit Gundamn: Iron-Blooded Orphans AMV

 


 ジオ公録や声優イベントの出演者が分からないことが間々ある。なかなか情報に辿りつけない。顔と名前が一致しない人もいるし、追加キャストもある(写真の人物が誰なのか気になる)。数か月前のニュースだったり、公式サイトの深い場所に埋もれてることが多い。できれば公式ツイートは登壇者のタグをつけてくれないか。

 

blackpool tram 02c



 ニメスタジオだが。SILVER LINK.(バカテス、のんのん、プリマ)とWHITE FOX(シュタゲ、ごちうさ、リゼロ)は紛らわしくて偶に混同する。WHITE  LINK.やSILVER FOXも、何だか実在しそうなネーミングで困る。

 

antique duck decoys



 リジン4を観に行ったときに、大きめのリクシャ(トゥクトゥクかな)と道路ですれ違った。屋根付きのバイクで、横の窓に透明なビニールシートが貼られていた。輸入中古車かもしれない。

 

TUKTUK 10



 が悪いなと感じたら、数えるようにしてる。素数ではなく、誤解や失敗の数だ。どれくらいの頻度でミスが生じるのか、不運にぶつかるのか。好不調の波が分かる。何か目安があれば、自分に腹を立てたり落ち込むことも減る。今回は仕方ないだろうと思える。
 思い込みの強い性格だから、なるべく数字に置き換えて確認する。よくあることだとか、そろそろ何か起きるだろうなと気を引き締める。世間や他人を恨まない(変に期待しない)ためには、有効だ。人間は思考にとらわれるものだし、事象を意味づけする。気休めかもだが。感情の動きに数字を挟むことで、すこしだけ冷静になれる。

 

toaru majutsu no index 2nd #22x

 


Lupin III 「 AMV 」 Blood Oath



 画の特典商法については、殆ど気にしてない。よく貰うが。複製原画や小冊子が増えてから全く関心がなくなった。ニ、三年前か。ミニ色紙で覚えてるのは安彦オリジン、ガルパン劇場版なので結構前になる。
 特典目当てに映画館に通うことは基本ない。読本には目を通さないし、フィルムや封入カードの中身を確認しないこともある。特典商法が槍玉に挙がると、何だか時代錯誤な気分になる。まあワンピGのようなライト層の話だろう。

 

Eden of the East of the East II Paradise Lost

 

 に思うのは、缶バッヂやチャームのような関連グッズを、遊戯台の景品に使えばよいのにな、ということ。プライズにも価格上限はある。クレーンゲームでも構わない。機器のレンタルやリース会社もある。
 ゲーセンに隣接した映画館が多いので、そういう発想になる。水族館や博物館、あるいは旅館の売店にも、景品付きの遊戯台はある。遊園地やデパートの休憩所にもゲームコーナはある。映画館に置けない道理はない筈だが。風俗第五号営業も参考に。



 供連れの親御さんに物申すが。親子が並んで歩いてるときに、例えば「自動車や自転車とすれ違う」場合、危険防止で自分の身体を間に入れる人が滅多にいない。自分は動かずに、子供を口頭で指示して動かそうとする人が圧倒的に多い。

 

yoru ha mijikashi arukeyo otome 32


 はなるべく親側に身を寄せる。子供は急に動くし、体重差があると衝突したときに危険だからだ。だが正面でぶつかる寸前まで接近しても、まったく動こうとしない。しかも、道の真ん中でお見合いになったりする。
 特に女性だが、子供と危険物(ショッピングカートや重たい扉など)との間に身体を入れる習慣がないのは、傍らで見ていても不安になる。あと別件だが、カートをぶつけておいて、ひとを睨むのはやめて欲しい。

 


 画ちはふる前編も、前半の芝居が「悪い意味で」特殊な部類。後半はノーマルだが。前半と後半では随分と作り方が違っている。
 アニメ氷菓#8「試写会に行こう!」を例に挙げよう。生徒の自主製作ビデオで、声優が「計算づく」のシロウト芝居をするのとは正反対。ちはやでは若手俳優たちに「計算なし」のシロウト芝居をさせている。見るに堪えない。ノイズ三倍増。もし役者の下手が気にならないのであれば、雑味やえぐみをナチュラルだと感じてるのだろう。

 

enter the dragon 1973 d4


 半はメインキャストの部員たちの演技が「あまりにも汚くて」閉口した(ペンや筆運びが粗いとか、楽器の音色が汚いのと同じ意味だ)。「即興でデタラメに踊れ」というのと似たような指示か。前後半の目安は、グループ登山あたりだ(太一と奏の会話)。
 登場からリズム感がなく、バラバラで纏まりを欠いた会話。不用意で動作も台詞も流れる。「頭で考えずに適当に動いて喋れ」と、無理を言われたかのようだ。段どりだとか、台詞の掛け合い以前だ。素人芝居を煮詰めたような(ある意味でクックパッド的)。僕の評価は前半20点、後半60点。彼らの本来の実力は後者だ。広瀬すずは、平均40点くらいか。

 机くんがチームに打ち解けてからは、いずれもノーマルで落ち着いたものになる(試合中心)。それもあって「ユーフォの暴れん坊将軍」だと述べた。どうしてあんな計算なしの無謀な真似(=悪趣味)をしたのか、理解に苦しむ。



AMV - Everything Gone - FreeStyle AMV

| アニメ | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:00 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://senkanburian.jugem.jp/trackback/1569
トラックバック